社会保険労務士 サービス

紹介すべてが無料!中間マージン0円

経営者と社労士をマッチングするためのサービスを行っています

本事業については非営利事業にも似た体制で臨んでおります。

紹介やマッチングによる成功報酬など、企業はもとより社労士からも費用は頂戴いたしません。

すべて無料ですので存分にご活用ください。

セカンドオピニオンとして専門家の話を聞いてみたい。というご要望も非常に多いですのでお気軽にお問い合わせください。

日本最大の社労士会員組織が運営しています

IT企業等が立ち上げた専門家検索サイトと違い、信頼と実績を持つ、社会保険労務士を保有している有資格者が運営していますので、安心してご利用いただけます。

個別の先生に相談をすると、その先生と契約するしないの判断が求められます。

MIRAIではそういった個別の先生との契約を意識すること無く
最適な士業とマッチングできるように特定の士業だけを紹介するようなことをしない仕組みにしています。

セカンドオピニオンの要望が非常に増えている状況ですので
メインで契約されている先生以外の話を聞いてみたい。

と言った場合に活用していただくことで

仕事の値段だけで判断するのは大きな間違いです。能力が高く、信頼がおけて、相性が合う社労士をお探し下さい。私達ががそのお手伝いをいたします。

社労士の「事務所の特徴」「専門・得意分野」 「業務経験」「人柄」「対応可能地域」など、事細かに対応可能です。

社労士にこだわりを持った社労士のサービスですので高確率で御社にマッチした社労士が見つけられます。

社会保険労務士とは?

社労士は、ひと言で表すと「人事・労務の専門家」です。

「ヒト・モノ・カネ」の経営資源の中の、「人材に関するプロ」と言うこともできます。

※毎年1回行われる国家試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験を有する者で、全国社会保険労務士会連合会の社会保険労務士名簿に登録された者が社労士となります。

社労士に依頼できる業務内容は?

社労士の業務は、社会保険労務士法第2条で定められています。
主なものは次のとおりです。

  1. 行政機関に提出する書類等の作成や事務手続き
  2. 各種社内規程、帳簿等の書類の作成や提出
  3. 労務管理に関する相談・指導
  4. 裁判外紛争解決手続(ADR)代理

※4. は特定社会保険労務士(特定社労士)が行う業務です。
(特定社労士:全国社会保険労務士会連合会が実施する特別研修を修了し、紛争解決手続代理業務試験に合格した社労士)

<関連法律>

  • 社会保険労務士が専門的に取り扱う主な法律(全部で約50種類)
  • 労働基準法
  • 労働者災害補償保険法
  • 職業安定法
  • 雇用保険法
  • 最低賃金法
  • 障害者の雇用の促進等に関する法律
  • 労働保険の保険料の徴収等に関する法律
  • 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律
  • 労働安全衛生法
  • 賃金の支払の確保等に関する法律
  • 育児休業、介護休業又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律
  • 介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律
  • 労働時間等の設定の改善に関する特別措置法
  • 短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律
  • 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律
  • 個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律
  • 健康保険法
  • 厚生年金保険法
  • 国民健康保険法
  • 国民年金法
  • 児童手当法
  • 介護保険法

など
具体的な相談内容は?
例えば以下のような悩みは社労士にご相談いただくと、解決できます。

  • 残業不払いの件で労働基準監督署の立ち入り調査があった
  • 解雇をめぐって社員ともめそうだ
  • 就業規則を整え、社員に一体感を出したい
  • 社内規程を整備し、いざという時に備えたい
  • 給与規程を、誰もが納得できる形に変更したい
  • 時代にあった退職金制度を導入したい
  • 国からもらえる助成金があるって聞いたのだけれど・・・社員研修を実施したい
  • 社員のモチベーションを向上させる人事制度ってあるのだろうか?
  • 成果主義制度や年俸制を導入したい
  • 中小企業にピッタリと合う人事制度について教えて欲しい
  • 厚生年金、健康保険、労災保険、雇用保険に加入したい
  • 労災事故が起こってしまったが、手続き方法がわからない
  • 給与計算が面倒なので、アウトソーシングしたい