労働契約等実務研究会

無期転換制度の導入実務

社労士と労働問題のプロ弁護士による

実務検証を公開!

これから急速に注目される新分野

「無期転換制度」

のノウハウを2時間で速習する方法

無期転換ルールとは?

労働契約法の改正により、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときに、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。 

契約期間が1年の場合、5回目の更新後の1年間に、契約期間が3年の場合、1回目の更新後の3年間に無期転換の申込権が発生します。

こんにちは、湊です。

 

「無機転換」について、あなたは自身を持って
専門家としてクライアントや相談者様に
経営助言が出来る準備ができていますか?

 

もし、自身を持って
「はい!大丈夫です!」
「かなり調べて準備しています!」

といえる方は、今回のご案内は無視していただいて大丈夫です。

 

ですが「無機転換」について
「気になってはいけるけどまだ情報量が足りない。」
「事例や対応について詳しく知っておきたい。」
と感じているなら、必ず最後まで読み進めるようにしてください。

 

特にこの労働分野では
社会保険労務士と弁護士にとって
無視できない分野になりつつあります。

 

法改正で発生したルールのため、
専門家の間でも認識のズレや誤解が生じています。

私が認識している限りでは

社労士や弁護士にも正確な情報や知識を
持っている先生はごく少数と感じていますし、

「知っているつもり」でも誤認している先生が
いらっしゃる印象があります。

 

社会保険労務士 湊 秀樹

これから急速に注目される新分野

 

この無機転換制度を

「うちの顧問先には該当先には無いから」
「そのうち詳しい事例も情報が出てくるんじゃないの?」
とタカをくくっていたら要注意です。

 

現在「雇う側」と「雇われる側」の
パワーバランスは完全に「雇われる側優位」になっています。

つまり、「社員の方が強い」ということです。

 

すでにあなたも感じていると思いますが
ネットの普及で専門家以上に熱心に情報を仕入れようとしている
労働者が急増しているのです。

中途半端な知識しかない専門家が、
「情報強者となった労働者」の対応をするとどうなるかわかりますか?

「労働者の味方をする専門家」が
あなたやクライアントの経営者を弱みを突いて
不利な条件を突きつけてくることになりかねません。

 

タイムリミットは1年

 

無機転換このルールを正確に把握していないせいで
対応が後手後手になり不利な対応を強いられる
経営者が急増することが予測されています。

私の予測ではタイムリミットまであと1年です。

 

「情報武装」「知識武装」した労働者が急増する前に
経営者へ正しい情報の提供と、助言ができる立場を作ることで

あなたの新たな顧問先の獲得や、関与先を守ることに直結します。

 

先手スタートダッシュを切るための

無機転換ノウハウ研究会を開催

 

新分野はだれでも不安を感じるものです。

今回、「無機転換」に関して
あなたより少しだけ先に
ノウハウを持っている弁護士の先生とともに
その情報をシェアする機会を作ることにしました。

 

勉強熱心な先生には是非参加して欲しいと感じています。

まだちょっと様子見しようかな?と感じているなら
とりあえず騙されたと思って参加してみて欲しいです。

 

新分野はどれだけ多くの情報を
短時間でインプットできるか?が
勝負といえます。

 

この勉強会の開催をお伝えしても、
一定以上のアンテナが立っている先生しか
参加されていないのが実情です。

 

首都圏ではすでに起こっている現象なのですが
こうった勉強会に積極的に足を運んで
精度の高い厳選された情報を優先して取りに来ている先生ほど
高付加価値で報酬額の高いお仕事をされている傾向が高いです。

 

こういった情報に対するアンテナの感度が
あなたの受託する業務の質に直結する
と言っても過言ではないと考えています。

 

手続き業務だけでは先細りが常に不安視されている
労務業界ですが、逆に、こういった
法改正に伴う経営助言やコンサルティング業務は
需要がうなぎのぼりといえます。

 

そういう対応ができる士業が限られているため
需要よりも供給のほうが少なく、一部の先生に
高難易度高付加価値業務が集中しているのが現状です。

 

ですので、今回あなたにこの研究会に足を運んでいただき
「いま時代に必用とされている分野の正しい知識」
を持ち帰っていただきたいと考えています。

 

下記の概要を御覧いただき
ぜひご参加ください。

当日お会い出来るのを楽しみにしています。

労働契約等実務研究会

「無期転換制度についての導入実務」

【 開 催 概 要 】

1.社会保険労務士が抑えておくべき労働契約についての重要ポイント

2.無期転換ルールの導入支援のため、無期転換制度の具体的導入方法

3.先行している企業の具体的導入事例の紹介と応用方法

※定員になり次第、締め切らせていただきますので、どうぞお早めにお申し込みください。

■ 日時:平成29年9月27日(水)19:00~21:00

■ 費用:2,000円

■ 定員:10名

■ 会場:わくわくホリデーホール2F(HP
 札幌市中央区北1条西1丁目(札幌市民ホール)

プレゼンター

特定社会保険労務士  湊  秀樹
一般社団法人MIRAI相互創造推進協会 理事長
MINATO総合事務所  代表
MINATOコンサル() 代表取締役

社会保険労務士・行政書士事務所、会計・コンサルタント会社での勤務を経へて平成18年開業。1,000件以上の企業の仕事に関与。

「お客様の為にできることを探求し、お客様の成長に貢献する術を追求すること」を目標とする。