「法定相続情報証明制度」が始まります!

こんにちは!行政書士八重樫です。

今年5月29日から、全国の法務局である制度が始まります。

相続に関する「戸籍」についての新制度です。それは・・・

不動産に限らず様々な財産(預貯金・自動車等)の相続手続きには、必ず「戸籍」が必要になります。

遺産分割協議をする「法定相続人」が誰なのかを確定させるためです。

確定させるためには、出生から死亡までのすべての戸籍を取り寄せる必要があります。

これがなかなか大変な作業。

遠隔地の役場に郵送で取り寄せたり、取っても取っても前の戸籍が出てきたり・・・。

(戸籍は基本的に新しいものから遡って取っていきます)

これに加え、大変さに拍車をかけるのが、「手続をする機関ごとに戸籍を提出しなければならない」ということです。

しかも基本的に原本を提出しなければなりません。

事前に必要な通数がわかっていれば良いのですが、後で足りなくなってまた郵送で請求・・・。

そんなことがよくあります。

そういった手続きの煩雑さを解消できる(であろう)のが、今回の新制度。

内容としては、法務局に戸籍の束と相続関係を一覧にした図(法定相続情報一覧図といいます)を出せば、法務局登記官が認証文を付与してくれるというものです。

その後は戸籍の束を出さなくても、その認証付きの法定相続情報一覧図写しを出せば、手続きが可能だというのです。

ものすごく便利ですね。

しかし、私は開始当初はちょっとした混乱が起きるのではと思っています。

それは・・・

「法務局以外の機関で本当にそれが利用できるのか」ということです。

相続手続きをする必要がある機関といえば、金融機関・運輸局などです。

まだ運輸局には確認していませんが、「うちの役所では従来どおり戸籍を全部つけてください」と言われるおそれがあります。

また金融機関は支店ごとに対応がまったく違うので、その図を出しても「?」といった反応が返ってくるかもしれません。

新制度が周知され、受付機関の対応も統一されれば、戸籍収集の煩わしさが劇的に軽減されるこの制度。

その動向に注目です。